地方公務員へ転職を考えている人に知られざる勤務実態や給与について話します!

岐阜県庁で企画政策を5年間行ってました。在職中は防災や企業誘致、農業インフラ整備などが担当でした。地方自治体は民間企業からの転職組も活躍していますが、様子を見ていると向き、不向きがあるのは事実です。公務員の仕事については不祥事くらいしか表に出ることがなく、イメージだけで公務員試験を受けるケースがほとんどです。
【地方公務員の一般行政又は技術職を考えている方に!】
残業は時期や部署によります
実はうつで休職する人がいるって本当?っていうか、私も休んでました!
給与はぼちぼち
休暇は取りやすい(気がする)
友達増える
結婚はしやすい!
仕事に男女差あんまりないです(良くも悪くも)
などなど、経験したこと見聞きしたことお話しますし、転職を考えている人の質問に答えます。

  • # 官公庁
  • # 公務員
  • # 業界について
  • # 会社・組織について
  • # 仕事内容について
  • # 転職
  • # 女性のキャリア

¥ 500

岐阜県庁 / 企画政索

2010年04月 〜  2015年03月

申し込み画面へ

申し込み後の流れ

プロフィール

Sakurai Yuichi

40歳   男性

地方公務員(県庁)で15年間、現場や政策企画を経た後に、ドローンやテクノロジー活用をコア業務とするサクラボテクノロジーズを設立。当初よりクラウド等をフル活用しコア業務以外にリソースを割かない運営をしています。小さな会社なのでサービスの立ち上げから資金調達、広報等、ほぼすべての業務を担ってます。事業運営には兼業、副業の方を中心に参画していただいております。私自身も他社に兼業人材としてコミットしてました。法人組織とフリーランスのぎりぎりの境目で生きてます。顧客は官公庁3割、民間7割です。官公庁へのアプローチは中も外も知る私ならではなのアドバイスできます。もちろん、サラリーマンからの独立なんかについてもアドバイスできますが、たいていは「もうちょっと続けたら?」と終わることが多いです。2020年はキャンプ場運営をスタートさせたいです。

その他の経験談

CREEDO (クリード) は、
キャリア経験談を聞いたり話したりできる、
社会人向けOB訪問サービスです。
ひとりひとりの経験を役立て合う
「キャリアシェア」を通じて、
みんなのキャリアサクセスに寄り添います。

利用規約個人情報保護方針に同意して

Facebookで登録・ログイン

※ 自分のFacebookページが公開されたり、
許可なくページに投稿されたりすることはありません。