元シリコンバレーエンジニアのコーチが考えるこれからの世界の生き方・考え方について話します!

日本で普通の家庭で生まれ育った小野がいかにして26歳でシリコンバレーに渡ったか?なぜ日本人ではじめてOracleの中核的製品の開発チームに加入できたか?
その後45歳のときにOracleを退職し、日本で小学校の教師を2年間経験。
なぜシリコンバレーのソフトウェアエンジニアという立場をやめてまで、日本で小学校の教師をしようと思ったのか?20,30,40代で学んだ人生の教訓。
小学校の現場で学んだこと。現在運営する「シリコンバレー教育研究会」のミッション・ビジョンと内容について。
そして、小野が思うこれからの世界の生き方・考え方についてお話しします。

  • # 人材
  • # コンサルティング
  • # 営業
  • # 企画
  • # コンサルタント
  • # 経営者・役員
  • # 独立・開業
  • # グローバル
  • # 起業
  • # キャリアアップ
  • # キャリアチェンジ

¥ 500

EDTECH LABORATORY / 代表

2018年09月 〜  在職中

申し込み画面へ

申し込み後の流れ

プロフィール

小野孝太郎

50歳   男性

1994年に日本オラクルに新卒入社後、
1996年よりシリコンバレー本社勤務。1999年からOracle Real Application Clustersという中核的製品の開発チームに日本人として初めて加入。
2015年に退職し、Teach For Japanを通じて日本(福岡県)で小学校の教師を2年間した後、コーチとして独立。
現在もシリコンバレー在住で、シリコンバレー教育研究会を2019年7月に立ち上げ、代表として活動中。
「心が強くて優しいリーダーを沢山育てる」をミッションに、
「全ての人がやりたいことをやり尽くしている世界」をビジョンに、
キャリアセミナー、リーダーシップサロンを運営。
パーソナル・コーチ、エグゼクティブ・コーチとしても活動中。

CREEDO (クリード) は、
キャリア経験談を聞いたり話したりできる、
社会人向けOB訪問サービスです。
ひとりひとりの経験を役立て合う
「キャリアシェア」を通じて、
みんなのキャリアサクセスに寄り添います。

利用規約個人情報保護方針に同意して

Facebookで登録・ログイン

※ 自分のFacebookページが公開されたり、
許可なくページに投稿されたりすることはありません。