佐々木 千穂(ささき ちほ)


日本コムシス、伊藤忠テクノソリューションズ、日本マイクロソフトにてセールスに従事する。RELATIONS株式会社にて、企業の間接経費コスト削減コンサルティングサービス『Less is Plus』のアライアンスセールスを担当した後、現在はピープルマネジメントツール『Wistant』のアライアンスセールスとインサイドセールスを担当している。


私も最初は心の底から「仕事が楽しい」と思えなかった

現在のお仕事内容を教えてください。


RELATIONS株式会社にて、『Wistant』というピープルマネジメントツールのアライアンスセールスとインサイドセールスを担当しています。


Wistantは、マネージャーがメンバーへ行う目標設定や1on1、フィードバックといったマネジメントの実行・改善をサポートするサービスです。Wistantを活用することで、属人化・ブラックボックス化しやすい「マネジメントの現状」をデータで可視化し、戦略的に改善することができます。


アライアンスセールスの業務は立ち上げ段階となるので、業務提携先企業の開拓や、アライアンス企画の提案・契約締結、契約後のフォローアップまで一貫して遂行しています。インサイドセールスとしては、電話やメールなどでWistantの見込み顧客にアプローチし、アポイントの獲得やニーズのヒアリングを行っています。また、Wistantのターゲットとなるマネージャー層向けに、マネジメントの振り返りや事例共有の場となるようなイベントの開催・運営のサポートしています。

RELATIONSに入社後、別の部署から現在のWistant事業部に異動されていますね。どんな経緯で部署異動をされたんでしょうか?


Wistant事業部に異動してきたのは2019年末です。異動する前は、企業の間接経費コストを削減するコンサルティングサービス『Less is Plus』のアライアンスセールスを主に担当していました。


異動の背景は、結婚をきっかけに今後のライフプランを考えたときに、そろそろ子供がほしいなと思い始めたことと、Less is Plusでの在籍期間が長くなり、違う分野にもチャレンジしてみたいと感じたことです。Less is Plusの事業は非常にやりがいがあったものの、アライアンスセールスとして全国のアライアンス先企業様を担当しており、日本中を出張して回るような生活でした。「このままだと子育てと仕事を両立するのは難しいな。ワークスタイルを変えても仕事を続けられる新たなスキルが必要だな」と異動を検討し始めました。自ら社内でヒアリングをしていくなかで、場所に縛られず働けて、なおかつ、今後さらにニーズが高まっていくインサイドセールスとしてのスキルと、以前から興味を持っていた「マネジメント」に関する知識を身につけられるWistant事業部で働くのがベストだと思いました。


また、Wistantが目指す「組織へのピープルマネジメントの定着を実現する」というミッションに強く共感したことも異動の決め手です。私は、自分の仕事を通じて、1人でも多くの人が「仕事が楽しい」と思える環境をつくりたいと考えてきました。ピープルマネジメントを定着させていくことで、組織で働く人々の働きやすさや幸福度の向上を実現できると思い、Less is Plusのアライアンスセールスを「やりきった」と思えたタイミングで異動しました。

「1人でも多くの人が『仕事が楽しい』と思える環境をつくりたい」という思いがとても素敵ですね。佐々木さんがそのように考えるようになったきっかけは何ですか?


私はこれまで、日本コムシス、伊藤忠テクノソリューションズ、日本マイクロソフトの3社でセールスを担当してきました。セールスとして社内社外問わず多くの方々とお会いする中で、実は仕事を楽しめていない人が圧倒的に多いことを日々感じていました。「何かこの人たちの毎日が鮮やかになるようなサポートをできないだろうか?」という気持ちが徐々に芽生えてきたんです。


かくいう私も、「仕事が楽しい」と心の底から思えるようになったのはRELATIONSに転職してからです。3社目までは、主に大手のお客様へのセールスを担当していましたが、自分1人で顧客を開拓していく業務がほとんど。責任ある仕事を任せてもらえる喜びはありましたが、その一方、孤独な戦いでもありました。RELATIONSに転職してからも職種は同じセールスですが、周りの人と協力して成果を出す働き方になり、「私にはこのやり方が合っていたんだ!」と気づいたんですよね。働き方や自分の視点を少し変えることで、仕事の時間をもっと有意義にできる。そんな実体験から、「かつての私と同じように仕事を楽しめていない人たちの毎日を、少しでも変えていきたい」という目標が確固たるものになりました。

佐々木さんはずっと大手企業に勤めてきていらっしゃいますが、なぜベンチャー企業であるRELATIONSに転職を決めたんでしょうか?


大手企業は環境も整っていて良い面もたくさんありましたが、ビジネススピードがもっと速い環境に身を置いて、自分の能力を高めていきたいと考えたことが一番の理由です。また、大手企業だと、エンドユーザーと接点を持つ機会も限られていました。「もっとお客さんの生の声を聞きたい」という思いもあり、それが叶えられる小規模のベンチャー企業に絞って転職活動を始めました。


セールス職を募集しているベンチャー企業を探していく中で出会ったのがRELATIONSです。採用イベントの懇親会で話した社員たちは、みんなキャラが立っていてポジティブなエネルギーを感じるメンバーばかり。「この人たちと働けたら絶対楽しいだろうなぁ」と直感したんです。「今までと違う環境で自分のスキルや実績が通用するのか?」という不安はありましたが、声を上げればやりたいことにチャレンジできる環境にも惹かれ、入社を即決しました。

「仕事が楽しい」と思える社会を実現したい

今はお仕事の中でどんなところにやりがいを感じますか?


様々なメンバーと協働しながら、0から1をつくっていくところに非常にやりがいを感じます。以前担当していたLess is Plus事業のアライアンスセールスを任された当初は、数社とアライアンス契約したばかりの状態でした。アライアンス先企業に対して地道に提案活動を続けることで新しい案件が生まれたり、その企業の他の部署にも紹介してもらえたりして徐々にアライアンス先が広がっていったときはすごく手応えを感じましたね。また、新規提携先の発掘も担当していたので、どんな業種にフォーカスするか、どのように提案をしていくかといった戦略を組み立てて、成果に繋がった瞬間は嬉しかったです。


現在担当しているWistant事業のアライアンス立ち上げは始まったばかり。取り扱うサービスはLess is Plusとは全く異なりますが、これまでに培ったスキルを活かし、0から1をつくっていく挑戦にとてもワクワクします。

今後、お仕事を通じてどんな価値を提供したいですか?


仕事と幸福度に関する調査結果を見ても、この日本で仕事に対して熱意をもって働けている人はまだまだ少ないのが現状です。 人生の多くを仕事に費やしているからこそ、「仕事が楽しい」と思える社会を実現したいと考えています。


そのために、Wistantを通じて1つでも多くの組織で質の高いピープルマネジメントを定着させ、「仕事が楽しい」職場環境を作っていくべく日々奮闘しています。マネジメントの変革には、クライアントやアライアンス先企業の方々の協力が欠かせません。一丸となって推進できるように、「なぜこのサービスが世の中に必要なのか?」「なぜあなたの企業に使って欲しい・協力して欲しいのか?」ということを担当者の方々に丁寧に伝えることを心がけています。


また、ピープルマネジメントの普及以外にも、「仕事が楽しい」と思える社会を実現していくためにできることはたくさんあります。たとえば私は、アライアンス先の方との面談の中で、その方自身からご依頼があった際には、キャリアプランやお仕事のお悩み相談に乗っています。アライアンスパートナーとしてだけでなく、気軽に話せる社外の相談相手として関係を築くことで、上司や同僚には話しにくい悩みを解決できたらと考えています。仕事を通して、出会う人が一歩でも前に進めるようなお手伝いができれば良いなという気持ちからです。


ピープルマネジメントが定着しても、私の目の前にいる人が「仕事が楽しい」と思えていなければ意味がありません。社会全体に対しても、一人一人の身近な人に対しても、様々な方法で「仕事が楽しい」と思えるような一助になれたら嬉しいですね。