田中 次郎(たなか じろう)


Mtame株式会社にて、マーケティングオートメーション(MA)ツール『BowNow』のプロダクトオーナー兼、MA事業のレベニューマネージャーを務める。マーケティング、インサイドセールス、フィールドセールス、CS、コンサルティングを横断的にマネジメントし、事業全体の売り上げや顧客の成果を上げている。マーケティング人材を増やす一般社団法人「法人営業デジタル化協会」の理事。非営利インサイドセールスコミュニティ「ConnectFesta!」の運営も行う。


やるべきことを全力でやったら、やりたいことが見えてきた

現在のお仕事内容について教えてください。


BtoB向けのマーケティング支援事業を行うMtame株式会社で、MA(マーケティングオートメーション:企業のマーケティング業務をIT技術を用いて自動化すること)事業の事業部長を務めています。具体的な仕事は、弊社が提供するMAツール『BowNow』の提案販売に加え、マーケティングやインサイドセールス(内勤型の営業手法のこと)、カスタマーサクセスなど、多岐にわたります。


これまでのキャリアについてお話いただけますか?


分社化などの影響で社名は変わっているものの、新卒で入社以降、転職することなく弊社で勤務しています。


2008年の社会人デビュー時に配属されたのは営業部で、ここでいきなり挫折を味わうことになりました。営業成績がちっとも振るわないんです。

人一倍努力している自負はありました。セールストークは誰よりもロジカルで、正しい提案をしているのに、売れない。気がつけば入社3年目になり、焦る気持ちはつのるばかりでした。


しかし、当時の営業部長のあるアドバイスがきっかけで、私の営業成績はいきなり3倍に跳ね上がることになりました。部長のアドバイスはシンプルで、「感情を動かして売れ」と。「ロジカルに正論を振りかざす若造から物を買いたいと思う人なんていない」その言葉を実践すると、あれよあれよと数字に表れました。仕事で必要なのは、努力と、ちょっとした工夫なんだと学びました。


プレイヤーとして十分に経験を積んだ後に、営業マネージャーに昇進。苦労を重ねながらも結果を出し、支店長を任されるまでになりました。


その後、自分のキャリアのひとつの転機が訪れます。これまで一貫して携わってきた営業畑を一旦はずれ、自社製品のマーケティングを任せられたんです。まるで転職したかのように業務に変化があり、いち早く成果を出すべく、莫大な量のインプットを自らに課しました。

マーケティングは会社経営そのものと言っても過言ではありません。マーケティングの知識のみならず、バックオフィスを含めた他部署の業務についても学び直しました。また、もともといた営業部の業務を客観的に見られるようになったことで、新たな課題も見えるようになりました。営業とマーケティング両方に携わったことは、私の大きな強みになったんです。ドラクエでたとえるなら、戦士と魔法使い両方を経験したことで上級職になったかのように。


それからは、カスタマーサクセス部門の責任者をしたり、商品企画に携わったり、既存再販を高める活動をしたり。あらゆる立場から組織構築とマーケティングに向き合ってきました。


このような業務や環境の変化を苦と思わず、むしろ楽しむことができるのは、私の特技だと思っています。もともと自責の念を強く持つタイプで、当事者意識を持ってとにかく最後までやりきる、愚直に続けるという姿勢を貫いてきました。その結果「田中は絶対に諦めないやつだ」と周りから認識していただくようになり、大役を任せていただけるようにもなりました。

マーケターを増やすことでいい会社を応援したい

お仕事を通じて実現したいことを教えてください。


中小企業のDX(デジタルトランスフォーメーション:市場環境のデジタル化に適応するために企業の業務プロセスを変革する取り組み)を支援し、世の中のいい会社の成長を後押ししたいと思っています。


残念ながら、いい会社であれば上手くいくというのは幻想です。とてつもなく努力しているのに、報われていない善人は世の中にたくさんいます。


DXの第一歩は、少しでもITやテック系のツールに触れてもらい、成果や生産性を高めていただくことです。弊社はこれをMA領域で導入支援していますが、使いこなせないような複雑な機能をてんこ盛りにするのではなく、できる限りシンプルにして、たくさん使ってもらえるツールをこれからも作っていきたいと考えています。

とても熱い思いを持って仕事に取り組まれていて、本当に素敵です。


確かに周りからはよく「熱い思いがある人」だと言われます。昔から努力を惜しまないタイプではありましたが、実は必ずしも初めから「これをやりたい」という強い意志を持っていたわけではありませんでした。


振り返ってみると私は、「やりたいこと」よりも目の前の「やるべきこと」を一生懸命やってきた期間が長かったように思います。営業時代、成果が出なかったときも、マーケティングに移ったときも。ひとつひとつの「やるべきこと」に全力で取り組んできたからこそ「できること」が増え、ついには「やりたいこと」も見えてきたんです。


プロサッカー選手だって、サッカーに初めて触れたときから「プロサッカー選手になって子ども達にスポーツの素晴らしさを伝える存在になりたい」と思っていたわけではないでしょう。サッカーの練習を一生懸命やって、上達するにつれて、夢が大きくなっていく。私もまさにそんな感覚です。


また、努力を惜しまない姿勢は父譲りです。食品製造業を経営していた父は、毎日文字通り寝る間も惜しんで必死で働き、家族を支えてくれました。経営者として会社を持続させていくというのは本当にすごいことだと、社会人になってからより強く感じます。その姿を小さい頃からずっと見てきたために、私も自然と努力を厭わなくなったんだと思います。


さらに、子を授かったことも、仕事への熱量がさらに上がった要因になりました。自分の親の名前をググったこと、ありませんか? 10年後、子どもが私の名前を検索したとき、そこに出てくる結果はポジティブなものであってほしいなと思うんです。世の中に良い影響を与えている人間だと。子どもが大きくなる頃には、日本の中小企業のマーケティングレベルを底上げし、その結果、少しでも明るい未来をつくることに貢献できていたいですね。


今後2~3年で挑戦していきたいことは何ですか?


ITに精通したマーケターを育成することです。中小企業では、IT人材もマーケティング人材も圧倒的に不足しています。今日のマーケティングは、ITを抜きにして語ることはできません。マーケティング力がつくことで、努力を続けているいい会社が正当に報われるようになると信じています。


そのために最近は、個人としても社外での活動幅を広げています。2019年12月には「法人営業デジタル化協会」を業界の仲間と設立しました。社内外の活動を通じて、これからもITやマーケティングという武器を多くの中小企業に届けるとともに、それに精通する人材を増やしていきたいと思っています。