岩田 真(いわた しん)


新卒でベンチャーキャピタルの株式会社ジャフコに入社し、ベンチャー投資事業に従事する。2015年に株式会社ユーティルを創業。3年間Web制作事業を行ない、現在は日本最大級のWeb制作相談・依頼サービス『Web幹事』、動画制作相談・依頼サービス『動画幹事』を運営する。


会社経営の面白さは、いきいき働くベンチャー経営者たちが教えてくれた

岩田さんは会社を経営されていますね。事業内容を伺えますか?


株式会社ユーティルの代表として、『Web幹事』というサービスを運営してきました。


Web幹事は、 Web制作を依頼したい企業とWeb制作会社のマッチングサービスです。専門のコンサルタントが要望を丁寧にヒアリングし、「Web制作の相場が分からない」「自社サイトを作りたいけれど制作会社探しが面倒」「依頼するときに何を伝えればいいのか分からない」といったクライアントのお悩みを解決します。

どういった経緯でユーティルを創業したのですか?


大学卒業時は、起業なんてまったく視野に入れていませんでした。新卒で入社したのはベンチャーキャピタルです。投資部門を担当していたので、日々たくさんのベンチャー経営者にお会いする機会がありました。お付き合いしていた企業がどんどん大きくなるのを間近で見ていて、「ベンチャーを支援する側でなく、創る側になりたい」と思うようになったんです。それが起業を志したきっかけですね。


ベンチャーキャピタルに勤めていた当時の勤務地は、日本有数のビジネス街・大手町。道ゆくビジネスパーソンを見ていると、みんな高給で豊かな暮らしをしているはずなのに、どこか不幸せそうで。一方ベンチャー企業の皆さんは、すごく小さなアパートの一室で働いていて、いつまで会社がもつかも分からないような状況。それでも全力で挑戦している姿は、楽しそうでキラキラ輝いて見えました。僕にとって、そのコントラストがすごく鮮烈だったんです。

初めから起業や経営に興味があったわけではなく、ベンチャー企業の経営者と関わるうちに惹かれていったんですね。


そうです。そこから、2015年にエンジニアとマーケターの友人2人とともに起業しました。会社独自のサービスをやりたいとは考えていましたが、事業の具体的なイメージは特になく、見切り発車で会社を立ち上げることに。まずは資金を貯めるため、受託でWeb制作をすることにしました。


Web制作を始めたものの、僕自身はWebの知識が全然なくて。「エンジニアがいるから何とかなるだろう」と気軽に構えていました。しかしそう簡単にはいかず、案件が炎上したこともあります。初期はクライアントに迷惑をかけてばかりでしたが、仕事を通じて必死に知識を習得していきました。チームメンバーも心血を注いで頑張ってくれたおかげで少しずつ案件が増え、Web受託会社として安定するようになっていきました。

創業当初は受託だったんですね!Web幹事はどのようにして生まれたんですか?


会社を立ち上げて2年ほど経った頃、「何のために起業したんだっけ?」と振り返るようになったんです。立ち戻ってみると、「本当に自分たちがやりたかったのって、自社サービスだよな」と。


受託はクライアントの成果に直接貢献できる、やりがいのある仕事です。せっかく築き上げてきたクライアントとの関係もあり、後ろ髪を引かれました。しかし、挑戦してみたいという想いが勝り、自社サービスに針路を変えることにしました。


Web制作のマッチングサービスという形を選択した背景には、クライアントが抱えていた課題があります。彼らは弊社にWeb制作を依頼したものの、実は業者選定のステップで「Web制作会社の選び方が分からない 」「相場が分からない」といった悩みを抱えていました。たしかにWeb制作会社のホームページを見ても、制作したサイトの例が載っているばかり。実際の期間や費用感、何がその会社の強みなのかはあまり書かれていません。この根本的な課題を解決していくためには、相場や選定方法といった明るみに出ていない情報をオープンにしていく必要があると思いました。そんな背景から、Web幹事はスタートしました。

実現したいのはあらゆるBtoB領域の「相談窓口」

Web幹事でクライアントに貢献するために大切にしていることは何ですか?


多すぎる選択肢の中から選定する作業はストレスですし、クライアントが時間をかけるべきところは他にあるはずですよね。だからこそ、選定を代行してクライアントが本業に注力できるようにすることが僕たちの役目だと思っています。


とはいえ、業者選定はその後の成果を左右する重要な局面です。安心して任せていただくためには「ユーティルはWeb制作に困ったら何でも相談できる」という信頼感が欠かせません。「Web制作の相談窓口」になれるよう、人と人とのコミュニケーションを大切にしています。


そのためWeb幹事は、ただWeb制作会社を集めてクライアントに自力で探してもらうような「比較サイト」のような形にはしていません。実際に制作を経験したプロが個別にヒアリングし、クライアントの目的や予算に合わせて「人力で」Web制作会社を選定・紹介しています。


AIなどを使った自動レコメンドが主流になってきている今、「なぜ人力?」と思うかもしれません。しかし、そういう時代だからこそ「人間味」が本当の信頼感を生み出せるのではないでしょうか。

世の中の流れにあえて逆行する手法が興味深いです。今後、どのような展望を描いていますか?


今後は、Web幹事で培ったメソッドを様々なBtoB領域に展開していきます。


その先駆けとなるのが、2020年2月にスタートした『動画幹事』です。Web幹事の動画・映像制作版で、Web幹事と同様、ていねいなヒアリングを通じて動画制作を依頼したい企業と制作会社の納得のいくマッチングをお手伝いしています。


その他にも、オフィスや人事、経理など、同じようにツールや業者の選定に課題がある領域はたくさんあります。今後はこれらの領域にも幅を広げていきたいと考えています。


これからの時代、事業の主軸でない分野をアウトソースしようという流れはさらに大きくなっていくと思います。そんな中、ツール・業者選びで周りに相談できる人がいない悩みを抱えている担当者は少なくありません。そういった担当者の「選択の瞬間に寄り添う」サービスを、あらゆるBtoB領域で作っていきたいです。