荒井 宏之(あらい ひろゆき)


新規事業インキュベーター。複数社での新規事業立ち上げ経験を活かし、10度目の転職でキュレーションズ株式会社にプロデューサーとして参画。プロジェクト案件に携わるかたわら、新規事業開発メソッドの形式知化、広報活動等に従事。また、チガサキベンチャーズ合同会社の共同代表パートナーを務める。


好奇心に従い、目の前のチャンスを逃さない

まずは、現在のお仕事内容について教えてください。


新規事業インキュベーターを務めています。 通常の新規事業コンサルティングは提案をするだけで、実行には関与しないことも珍しくありませんが、キュレーションズは、クライアントと出島でチームを組み、売上を出すところまでコミットしています。成熟事業がある大企業で新規事業を社内で推進するには、コツが必要です。「このフェーズでこういうKPIを立てましょう」「今はここまでを報告し、ここからはまだ触れないようにしましょう」等、細かいプロセスに至るまで伴走します。


また、個人でも「新規事業のディスカッションパートナー」として、戦略立案からリーンスタートアップやデザイン思考等の手法の導入支援、人材育成研修、アクセラレーションプログラムのメンター、エンジェル投資を行っています。


これまでのキャリアを通して、私自身が新規事業を立ち上げる経験をたくさんしてきましたが、そのほとんどはうまくいきませんでした。ではその経験自体が無意味だったのかと言うと、決してそんなことはありません。失敗経験そのものに価値があることに、あるとき気付いたんです。今、私が行っている新規事業やスタートアップのインキュベーションは、まさに自分の失敗経験を伝える活動に他なりません。


中でも最近力を入れているのが、大企業の新規事業立ち上げ支援です。これまでたくさんのベンチャー・スタートアップで働いてきたからこそ実感することですが、日本経済への貢献度という観点ではやはり大企業は絶大です。人・物・金のリソースが潤沢にあって、多少事業に失敗しても経営はびくともしない。本来大企業は、スタートアップよりも新規事業を立ち上げやすい土壌なんです。ネックは、組織が大きいがゆえに意思決定が遅いこと、そして、事業を一から作るノウハウが欠如していることだけ。そこさえ乗り越えることができれば、日本経済をV字回復させることも夢じゃないと思っています。

現在のお仕事に至るまでに多くの会社を経験されていますね。


今までに10回転職をしています。意識的にこのようなキャリアを選択したというよりは、「目の前のチャンスには必ず手を伸ばす」ということを大切にしてきた結果です。


チャンスは、みんなに平等に巡ってきます。でも、それに気付いて、手を伸ばす人は決して多くはありません。私は、目の前のチャンスを総取りしたくなってしまう性分で、そのためには今の環境や実績を手放すことにためらいがない。リスクにも無頓着。好奇心がそうさせるんです。

その後、大企業の新規事業立ち上げ支援に行き着いた背景を詳しく伺えますか?


転職を重ねることで、ゼロから事業を作る経験から新規事業を伸ばしていくための組織体制を整える経験まで、幅広く積み上げてきました。その過程で、大企業の新規事業コンサルティングを手掛けることもありましたが、そもそも案件自体が予算消化目的の発注だったり、組織内のいざこざで提案が実行されなかったりして、正直なところ、大企業を小馬鹿にしていた時期もあったんです。


転機になったのは、とある大手企業との出会いでした。彼らの新規事業プロジェクトを推進する中で、大企業のポテンシャルに気付かされました。ビジネスモデルが確立している大企業で重要なのは、いかに効率的にオペレーションを回すか。そのために分業体制を敷き、各自が持ち場を守ることで、巨額の利益を生み出しているわけです。その構造は秀逸そのもの。ただそれは、必ずしも新しいものを生み出すことに長けた構造ではありません。


一方、大企業にはとても優秀な方がたくさんいます。素材の良さならスタートアップよりもはるかに優秀と言えます。私の新規事業の経験を通じて、スタートアップのノウハウや頭の使い方をお伝えできれば、良い結果をもたらせるに違いないと思ったんです。


また、日本の未来を少しでも明るくして、子どもの世代、孫の世代に残したいと思うようになったのも1つのきっかけです。そのために、経済的な影響力の大きい大企業を変革したいと。


私は高度経済成長の恩恵を最後に受けた世代と言えます。日本経済の行く末が案じられて久しく、普通に考えると海外に移住でもしたほうが賢明でしょう。でも、私は諦めたくない。考えてみると、こんなにもインフラや社会制度が整った国は類を見ないですよね。この国に生まれてきただけで、私たちはその恩恵を受けているんです。先人の苦労や努力の上に、今の自分は立っている。その事実をむげにせず、日本に生まれてきた恩恵を後世に残すことが、今の私のミッションです。

自分の役目は、『踊る大捜査線』の和久さん

大企業での新規事業立ち上げを支援するにあたって意識していることは何ですか?


組織のロジックを深く理解し、チャレンジ精神旺盛な若手社員と上層部をうまくブリッジ(橋渡し)することです。


実は、大企業の上層部の方々は、現状に対して大変強い危機感をお持ちで、イノベーションの必要性も重要性も十分理解されています。彼らは30歳前後でバブル崩壊を経験し、未来への危機感を持ちながらも「失われた20年」に何もできなかった歯がゆさを抱えています。そのため、新しいことに取り組まなければならないという責任感が強いんです。同様に、若手社員も危機感が強い。「失われた”30年”」に差し掛かる日本経済の停滞感を生まれたときから肌で感じているからです。


問題は、両者の中間世代。彼らは、先人の築き上げたビジネスがすでに大きな売り上げを叩き出していた世代です。オペレーションをミスなく回せばそれなりに評価され、給与も上がりました。そのため無思考にオペレーションをこなすことだけに集中する人が増え、危機感が醸成されていないこともしばしば。そういう組織内のロジックを把握した上で経営トップと語ることが、大企業のイノベーションには不可欠です。


『踊る大捜査線』で例えると、和久さんのような役目が私の務めと思っています。室井管理官的存在がトップにいて、青島のような若手が危機感を持っていろいろ動いているのが大企業の構図だとすれば、両者を理解し、つなぐことができる和久さん的立ち位置は外からでもできます。


具体的な取り組みとして、決済者である経営陣に私がいつもお伝えしているのは「売上以外で何を重視して投資判断をするのかを決めてください」ということです。そもそも、新規事業において、5年そこらで100億円単位の売上を生み出すなんて、ほぼ不可能です。だからこそ、投資家の目線で、どんな観点で承認を出すのか。そこには経営者の考えが反映されます。現場の担当者の熱い想いが大事だという方もいれば、既存事業との相乗効果を重視する方もいます。その投資観点を現場の若手社員に伝えつつ、現場の進捗状況を決済者に適切に報告することで、両者をうまくブリッジすることを心がけています。

最後に、今後新たに挑戦していきたいことについて教えてください。


大企業で新規事業に取り組むイントラプレナーをスターにすることで、「◯◯会社」で働きたい、サラリーマンになりたいという子どもを増やしたいです。大企業にもっとイノベーティブな新規事業人材が集まれば、日本経済をV字回復することも夢ではないと思っています。


また、自分の新規事業創出理論をさらに確立させ、広く普及させたいとも考えています。イノベーションは、すべての人・企業に必要です。外部環境の変化が著しい現代において、現状維持は「約束された沈没」だから。自分の理論が多くの企業で実践されて新規事業が次々とスケールし、世の中に影響を与えていく。そんな世界が理想ですね。