科学雑誌 編集記者の次のキャリアプランについて話します!

尖った専門をもつメディアの編集者・記者が転職する際に、何を武器にしていけるのか? 約8年半の編集記者経験と、約1年間におよんだ転職活動、そして10名未満規模のベンチャー転職までお話します。

  • # 印刷・出版
  • # 広告・マスコミ
  • # 編集者・ライター
  • # 業界について
  • # 中小企業
  • # 転職

¥ 0

中小出版社 / 編集記者

2010年04月 〜  2018年10月

申し込み画面へ

申し込み後の流れ

プロフィール

松田 壮一郎

36歳   男性

修士(生命科学)を取得後,科学雑誌の編集記者として,記者の仕事7割・編集の仕事5割を約8年半。科学と社会,科学とビジネスのあわいでもがく。

新たな経験を積むべく,ブロックチェーン領域の教育ベンチャーへ。カリキュラムの立案,作成,編集を統括。その後,事業開発的な役回りに。

政策研究大学院大学の客員研究員として研究リサーチも行っています。

いわゆるポスドクの方々のキャリア上のニーズについてお話うかがいたいです。

その他の経験談

CREEDO (クリード) は、社会人でもOB訪問できる
キャリアシェアサービスです。
転職やいまの仕事に役立つリアルな
情報を経験者から聞いたり、
自分のキャリア経験談をほかの誰かに話したり。
みんなの経験をオープンにすることで、
納得のキャリア選択をサポートします。

利用規約個人情報保護方針に同意して

Facebookで登録・ログイン

※ 自分のFacebookページが公開されたり、
許可なくページに投稿されたりすることはありません。